サイトマップ
トップページ > 催し物 > 景観シンポジウム

催し物

景観シンポジウム

aaca景観シンポジウム
都市に緑を・地下に光を
都市工場の再整備により、地域に貢献する緑を生む計画事例より。

この催しは終了いたしました。 たくさんのご参加、ありがとうございました。

aacaでは、標記シンポジウムを以下のとおり開催します。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。 

日  時 平成29年11月9日(木)
 15時00分~17時30分 シンポジウム
 17時45分~19時15分 交流会
会  場 日本大学駿河台校舎1号館 CSTホール 地図
次  第 ■第一部 講演 
 講師:山本茂義氏/PJ経緯と都市計画、開発テーマ、建築計画
    John Loomis氏・八尋俊太郎氏/「市谷の杜」の実現に向けて
    松延 晋氏/ Leading Daylight – 自然光を導く
■第二部 パネルディスカッション
  ファシリテーター:今村創平氏
          (千葉工業大学建築都市環境学科 教授)
参 加 費 シンポジウム <個人・法人会員> 5,000円
       <一般>      6,000円
       <学生>      無料
交流会              2,000円
定  員 250名(先着順)
主  催 一般社団法人 日本建築美術工芸協会
申込方法 本ページ左上「参加申込書」に必要事項をご記入の上、Faxでお申し込 みください。
 締切日:10月20日(金)
 Fax送付先:(一社)日本建築美術工芸協会 事務局
       Fax:03-3457-1598
※記載していただいた個人情報は、本目的以外には使用致しません。
aaca景観シンポジウム
「個と群」アーティストと建築家のコラボレーション

この催しは終了いたしました。 たくさんのご参加、ありがとうございました。

aacaでは、JR 名古屋駅前に再オープンした、大名古屋ビルヂングの低層部ファサードのガラスパターンのデザインを手がけられた野老朝雄氏と、建物の設計を担当された㈱三菱地所設計の宮地弘毅氏を講師に迎え「アーティストと建築家のコラボレーション」について、講演とパネル・ディスカッションを行います。
ファサードとは街路や広場などに面する建物の正面部分のこと。野老朝雄氏のガラスパターンのアートワークは、下から見上げるとそのデザインの素晴らしさがよくわかります。

日  時 平成29年3月9日(木)15時00分~17時50分
会  場 日本大学駿河台校舎1号館 CSTホール 地図
次  第 ■第一部 パネル・ディスカッション 
 講 師 野老朝雄 氏(TOKOLO.COM代表)
 講 師 宮地弘毅 氏(株式会社三菱地所設計・部長)
■第二部 講演「個と群」
 講 師 野老朝雄 氏(TOKOLO.COM代表)
参 加 費 シンポジウム+交流会
<個人・法人会員> 4,000円
<一般>      5,000円
<学生>      無料
定  員 250名(先着順)
主  催 一般社団法人 日本建築美術工芸協会
申込方法 本ページ左上「参加申込書」に必要事項をご記入の上、Faxでお申し込 みください。
 締切日:2月24日(金)
 Fax送付先:(一社)日本建築美術工芸協会 事務局
       Fax:03-3457-1598
※記載していただいた個人情報は、本目的以外には使用致しません。
催し物 > 景観シンポジウム