サイトマップ
トップページ > 催し物 > aacaフォーラム

催し物

aacaフォーラム

30周年記念事業
第194回aacaフォーラム
ステンドグラスの本質
~パブリックアートとしての側面からの展望~

 この度の第194回aaca フォーラムでは、aaca会員でステンドグラス作家として、歴史的建造物に付随するステンドグラスの修復・研究に携わっていらっしゃる平山健雄さんにご講演いただきます。

講  師 平山健雄氏
光ステンド工房代表/横浜マイスター/伝統技能士
日  時  平成30年11月5日(月)
受 付:17時30分~
講演会:18時00分~19時15分(質疑応答含む)
懇親会:19時30分~20時30分
会  場 サンゲツ品川ショールーム 地図
〒108-0075
東京都港区港南2-16-4 品川グランドセントラルタワー4F
※品川駅港南口より徒歩5分
参 加 費 講演会  aaca会員 1,000円・ 一般 2,000円・ 学生無料
懇親会  2,000円
定  員 60名
申込方法

参加ご希望の方は、お手数ですが氏名・連絡先をご記入の上ファックス、E-mailにて10月26日(金)までにお申し込みください。 
定員になり次第締め切ります。
・お申込先:(一般社団法人)日本建築美術工芸協会 事務局宛  
 TEL:03-3457-7998 FAX:03-3457-1598  
 E-mail:simpo@aacajp.com
・記載事項:氏名/連絡先(勤務先)/E-Mailアドレス/電話番号/
      懇親会への参加の有無

※ファックスでお申し込みの方は、ページ左上の "参加申込書
 (PDF)"をプリントして、必要事項をご記入の上お送りくだ
 さい。

※ご記入いただいた個人情報は今回のフォーラムに関してのみ
 使用いたします。

メッセージ  教会建築と共に歩んで来たほぼ900年もの歴史を持つ芸術ステンドグラス。その本質は、意外と知られていません。ゴシック芸術の華として教会堂の光空間を飾つた見事な素材は、時代が進むにつれてその輝きを失い、デカダンスの一途をたどったとの定説が研究者の間では一般的になっています。
 日本にこの芸術が紹介されたのは約110年前になります。ヨ一口ツパではアール・ヌーヴォー、アール・デコラティヴ全盛の時代で、そのスタイルが現代にまで踏襲され続け、日本では独特のステンドグラスとなりました。
 その100年の間、 ドイツやフランスでは建築に次々と新しい試みがなされたが、ガラスを代表とする素材が建築空間を演出し、光に満ちた内部空間に暗がりを必要とする華やかな色彩を持つステンドグラスの必要性が現代では限られてしまっています。しかし、近年現代アートとも云える作品がフランスのロマネスク礼拝堂などに数多く設置され、中世的無名性を特徴とする「神への仕事」から「作家の表現の場」に移りつつあります。パブリックアートとしての側面も持ち合わせているこの芸術を修復家としての観点からも展望してみたいと思います。

(平山健雄)

催し物 > aacaフォーラム