アーカイブ

催し物

aacaフォーラム

第197回aacaフォーラム
トークセッション「空間を演出し彩るアート」
―たたずむ人の心に響く作品とは?―

この催しは終了いたしました。 たくさんのご参加、ありがとうございました。

 この度の第197回aacaフォーラムでは、アーティストで(株)エーアンドエム顧問のはやしまりこさんと、アートライフスタイリスト・アーティストで(株)エーアンドエム代表の藤田あかねさんをお招きし、「空間を演出し彩るアート」をテーマに、トークセッションを展開していただきます。
 美術工芸・アート・デザイン等ものづくりにかかわる皆さまはふるってご参加ください。

講  師 はやしまりこ氏
 アーティスト
 (株)エーアンドエム顧問
藤田あかね氏
 アートライフスタイリスト・アーティスト
 (株)エーアンドエム代表
日  時  3月9日(火)
18時00分~19時30分
会  場 オンライン開催
参 加 費 無料
お申し込み

●申し込み方法
 参加を希望される方は下記のURLから申込手続きを行ってくださ
  い。
 ※スマートフォンを利用される場合は本ページ左上「ご案内」に
  掲載されているQRコードを読み取ることで申込用のWebペー
  ジにアクセスできます。  
 [申し込みURL] https://peatix.com/event/1770503/view 
 ※紙面による申し込みを希望される方は下記のお問い合わせ先ま
  でFaxかE-mailにてご連絡ください。 

●申し込み手順
 上記Webページにアクセスし、「チケットを申し込む」ボタンか
 ら氏名・メールアドレスを入力し、申し込み下さい。

●その他
 ※今回のイベントは上記申し込みをいただいた方を対象として
  Zoom Webinarによって実施します。申し込んでいただいた
  方には前日までにZoomのURLをお送りします。
 ※出欠確認の為、参加にあたって入力する名前は申し込み者と
  同じ名前としてください。
  (氏名表記はフルネームでお願い致します。例:山田太郎もし
  くはTaro Yamadaなど)
 ※特に発言する場合を除き、マイクはミュートにしておいてくだ
  さい。
 ※講演会の内容は記録をする予定になっています。発言されるに
  あたっては、そのことをお含み起きください。
 ※講演会の録音・録画はご遠慮ください。

●お問い合わせ先
 (一社)日本建築美術工芸協会
 事務局 Tel.03-3457-7998/Fax.03-3457-1598/E-mail.simpo@aacajp.com

催し物

講演会

第2回aacaサロン
都市の関係性に働きかける“もの”

この催しは終了いたしました。 たくさんのご参加、ありがとうございました。

  aacaは当協会特有の会員であるアーティストやデザイナーをフューチャーし、対話しやすい規模での発表と交流の場として『aaca サロン』を企画・運営しています。
 第二回の今回は、(株)GK設計代表取締役社長の須田武憲さんと、建築家/美術家の齊木慶一さんをお招きし、「都市の関係性に働きかける“もの”」というテーマで開催いたします。

講  師 須田武憲:(株)GK設計代表取締役社長
齊木慶一:建築家/美術家
日  時  2月20日(木)
受付          :16時30分~
セッション・フリートーク:17時00分~19時00分
会  場 建築会館一階ギャラリー 地図
〒108-8414
東京都港区芝5-26-20
Tel.03-3456-2058
参 加 費 500円
※当日、開場受付にて申し受けます。
※お釣りの要らないようにご協力ください。
定  員 25名
申込方法 「申込書」での締め切りは10日までとなっておりますが、 11日以降にご参加を希望される方は下記まで直接ご連絡ください。
(一社)日本建築美術工芸協会
Tel.03-3457-7998  E-Mail:info@aacajp.com

催し物

展覧会

2020 第6回「街に飛び出す作品展」

この催しは終了いたしました。 たくさんのご参加、ありがとうございました。

 「街に飛び出す作品展」は単なる展覧会ではなく、個人・法人企業等から提供していただいた集合住宅のオープンスペースに美術・工芸作家の作品を展示する作品の、選考を目的とした展覧会です。作家にとっては、日頃制作した作品が長期にわたり
展示されることにより、多くの人に鑑賞してもらえる良い機会となります。一方、建物の事業者にはアートによってその スペースをより芸術性の高い豊かな空間になることを実感できる良い機会になるでしょう。また、アートを通して作家と
事業主との新しい関係が生まれることを期待したいと考えています。「街に飛び出す作品展」に出展された作品の中から、個人・法人企業等から提供された設置場所に展示します。

■募集要項 
応募資格 会員及び一般
応募締切日 令和元年11月30日(土)
推薦作品賞 街に飛び出す作品展推薦委員会5名とスターツCAM株式会社の設計担当者が選考します。
・村松 映一(建築家)(推薦選考委員長)
・南 三一郎(建築家)
・中野恵美子(織造形作家)
・中村 弘子(ガラス造形作家)
・スターツCAM株式会社 設計担当者
街に飛び出す作品展
設置作品選考
事業主とスターツCAM株式会社が展覧会終了後、建物竣工までに選考し設置します。
作品展開催場所 建築会館1階 ギヤラリー、イベント広場
東京都港区芝5‐26‐20
作品展開催期間 令和2年1月15日(水)~1月21日(火)
11時00分時~18時00分
推薦作品賞発表
レセプション
令和2年1月21日(火)
17時00分時~19時00分
応募方法 出展料をお振込の上、応募申込書に必要事項を記入し協会へお送りください。
応募資料送付期限 12月末日までに協会へお送りください。
出展料 1作品に付き 協会会員:5,000円/会員紹介者:8,000円/一般:10,000円
※出展料は理由の如何に係わらず返還出来ません。
入金締切日 12月15日
※入金確認により出展者と認定します。
振込先 三井住友銀行 三田通支店(No.623)普通預金 No.8089627
一般社団法人 日 本建築美術工芸協会 シンポジウム 宛
※応募者氏名の頭にMMと必ずご明記ください。
※振込手数料は 応募者のご負担となります。
※入金を確認できない場合は応募を受け付けることは出来ません。
応募作品 課題A~Eの設置希望場所(下欄参照)を自由に選んでください。
※テーマの捉え方は作家の自由な解釈に委ねます(技法、材料、表現etc)副題も可。
設置候補物件 A.狛江市和泉本町1丁目計画  →資料
B.世田谷太子堂5丁目計画   →資料 
C.横浜市港北区菊名6丁目計画 →資料
D.浦安市富士見4丁目計画   →資料 
E.江戸川区瑞江2丁目計画   →資料
著作権 作品の所有権、著作権は作者に帰属する。但し、作品展に関連し主催者側が刊行する広報・宣伝等の 出版物、ホームページ掲載ついては、著作権者は、許諸するものとします。
作品規定 作品及び意図を伝える方法を実物(平面作品 立体作品)又はマケット、写真パネル(スケッチ)等で 出展してください。
作品搬入搬出 搬入:令和2年1月14日(火) 10時~12時 / 設営:令和2年1月14日(金)13時~17時
搬出:令和2年1月22日(水) 9時~12時
※作品は出展者の責任と負担で搬入搬出してください。
※ 搬入搬出の予定時間(1月14日午前指定)業者名は2日前までにご連絡ください。
※ 開梱。設置作業については出展者が責任を持って実施してください。 尚、展示については、出展者の責任の元、作品展実行委員会で協力します。
※運送料。梱包費・作品に保険を掛けたい方は出展者の責任で行つてください。
※会場に個別の展示台はありません。出展者でご用意ください。
搬入宛先 一般社団法人 日本建築美術工芸協会
展覧会委員会実行委員長 安可内敦子
東京都港区芝5-26-20 Tel.03-3457-7998 Fax.03-3457-1598
その他 この規定に記載されていない事項で必要な事項が生じた場合は主催者と出展者で協議し、決定する。
尚、展示作品の保管は注意義務を負う。但し作品の素材又は構造上の欠陥による破損その他不可抗力による損害についての責任は負えません。
※当ページ左上の「◎御案内」並びに「◎応募申込書」を必ずご覧ください。
主催 一般社団法人 日本建築美術工芸協会  展覧会委員会
共催 スターツCAM株式会社

催し物

展覧会

街に飛び出す作品展
現地設置作品記録展

この催しは終了いたしました。 たくさんのご参加、ありがとうございました。

第一回から第五回の展覧会で、現地に設置された作品を写真で振り返り、今後の設置と展開につなげる機会を設けました。
作品の表現はもちろん、設置場所と空間もお楽しみください。

会 期 12月7日(土)~11日(水)
時 間 11時00分~18時00分
※会期中無休
会 場 建築会館1階ギャラリー 地図
※駐車スペースがございませんのでお車等での来場はご遠慮ください。
主 催 一般社団法人日本建築美術工芸協会
共 催 スターツCAM株式会社

催し物

景観シンポジウム

aaca景観シンポジウム
場の力で多様な価値を繋ぐ
aaca景観シンポジウム

この催しは終了いたしました。 たくさんのご参加、ありがとうございました。

aacaでは、標記シンポジウムを以下のとおり開催します。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。 

テ ー マ 場の力で多様な価値を繋ぐ
未来に向け、私達はどのような価値基準で建築・都市を考えるのか?
~早稲田アリーナ等を通じて~
期  日 12月17日(火)
時  間 開場     14時30分
シンポジウム 15時00分~17時30分
交流会    18時00分~20時00分
※同日開催企画として、早稲田アリーナ見学会を開催します
 (下記参照)
会  場 早稲田大学27号館 小野記念講堂
東京都新宿区西早稲田1-6-1  地図
登 壇 ■モデレーター
 佐々木  葉氏:早稲田大学創造理工学部社会環境工学科教授
■講演者 
 北野  寧彦氏:早稲田大学キャンパス企画部調査役
 水越 英一郎氏:山下設計 
 吉村  純一氏:プレスメディア・多摩美術大学教授
 笠原 真紀子氏:清水建設
参 加 費 シンポジウム [個人・法人会員]4,000円
       [一般]     5,000円
       [学生]     無料
交流会            2,000円
定  員 200名(先着順)
申込方法 ≪Fax≫
 本ページ左上「参加申込書」に必要事項をご記入の上お申し込み
 ください。
 Fax送付先:(一社)日本建築美術工芸協会 事務局
         Fax:03-3457-1598
≪E-mail≫
 氏名・勤務先・住所・電話番号・E-mailを記載の上お申し込み
 ください。
 E-mail送付先:simpo@aacajp.com

※いずれも、記載していただいた個人情報は、本目的以外には使用
 致しません。
※締め切り:12月10日(火)
※詳細は、本ページ左上「参加申込書」をご覧
 ください。

■同日開催企画
 早稲田アリーナ見学会
 集合 13時30分
    早稲田大学37号館 早稲田アリーナ 2階 ラーニングコモンズ
 見学 13時40分~14時20分 
 ※参加ご希望の方は、本ページ左上「参加申込書」の所定の欄に○印をご記入
 ください。

催し物

建物視察会

第14回 aaca金沢・福井・滋賀地区建物視察会

この催しは終了いたしました。 たくさんのご参加、ありがとうございました。

 aaca文化事業委員会会員交流事業部会では、第14回建物視察会を催します。今年も盛りだくさんの建物を視察する企画です。
 紅葉を迎える頃、なかなか一気にぐるっと巡ることが難しい地域の石川県から福井県を巡り滋賀県に抜けます。
 谷口吉生の最新作、そして、今年も設計者である小堀哲夫氏のご案内で2018年日本建築大賞に輝く「NICCAイノベーションセンター」を、さらに「佐川美術館・樂吉左衞門館」と藤森照信「ラ・コリーナ」は、それぞれ設計を担当された内海慎介さん、中谷弘志さんのご案内で巡ります。手すき和紙の「越前和紙の里」にも立ち寄ります。
 地域に根差した優れた建築と越前和紙の里を皆さまと一緒に体感し、語り合えればと思います。昨年同様、多くの方々の参加をお待ち申し上げます。宜しくお願いいたします。

 ※行程に変更がございます。ご参加の皆様にはご案内済です。

日  時 11月15日(金)~16日(土)
スケジュール ■11月15日(金)
JR金沢駅(集合/09:55) 谷口吉郎・吉生記念金沢建築館
–<バス>–加賀片山津温泉 総湯–<バス>–昼食–<バス>–
NICCAイノベーションセンター–<バス>–越前和紙の里 紙の文化博物館
–<バス>–ホテル–<徒歩>–夕食
■11月16日(土)
ホテル–<バス>–福井年縞博物館–<バス>–佐川美術館・
樂吉左衞門館 昼食–<バス>–ラ・コリーナ近江八幡
–<バス>–JR近江八幡駅(解散/17:00頃予定)
————————————————————
※JR参考:往路 かがやき503号 
        東京発07:20→金沢着09:51  
     復路 JR近江八幡→米原20分、
        →京都36分(新快速)
※宿泊先:ルートイン敦賀駅前 福井県敦賀市鉄輪町1-6-2 
               電話:050-5576-8005
見学先 ■谷口吉郎・吉生記念金沢建築館        
 設計:谷口吉生     
 施工:清水建設JV
■加賀片山津温泉 総湯          
 設計:谷口吉生
 施工:熊谷組・ダイド建設JV
■NICCAイノベーションセンター
 設計:小堀哲夫
 施工:清水建設
■越前和紙の里 紙の文化博物館
 設計:2017年リニューアルオープン
 施工:関組
■福井年縞博物館
 設計:内藤 廣
 施工:前田産業・ともえ屋JV
■佐川美術館・樂吉左衞門館
 設計:樂吉左衞門+竹中工務店(内海慎介)
 施工:竹中工務店
■ラ・コリーナ近江八幡
 設計:藤森照信+中谷弘志
 施工:秋村組
募集人員 35名(先着順にて定員に達し次第締め切ります)
費用 会員:38,000円 非会員:39,000円 
※集合:JR金沢駅  解散:JR近江八幡駅(現地集合、現地解散)
※JR金沢駅からのバス交通費、1泊2食+2昼食、入場料、保険代
 含む
その他:参加者名簿を皆さんに配布致します。またホテルの
     禁煙・喫煙ルームは予約の関係で100%ご希望に
     添えない場合がございます。予めご了承下さい。
     ご参加頂けることが確定しました後に、集合場所
     と費用の銀行振込案内を送付させて頂きます。
申込方法 本ページ左上「参加申込書」に必要事項をご記入の上、Faxで
お申し込 みください。
 締切日:10月25日(金)
 Fax送付先:(一社)日本建築美術工芸協会 事務局
       Fax:03-3457-1598
※記載して頂いた個人情報は、本目的以外には使用致しません。
※各建物のご案内等、ここに掲載されていない詳細は、左上の
 ≪ご案内≫及び≪参加申込書≫でご確認ください。

催し物

芦原義信杯

第52回aaca芦原義信記念杯

この催しは終了いたしました。 たくさんのご参加、ありがとうございました。

aacaでは、会員交流の一環として、恒例の親睦ゴルフ会を開催いたします。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

日  時 令和元年10月31日(木) 集合 8:45
場  所 川崎国際生田緑地ゴルフ場
〒214-0032 神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-10  (地図)  
Tel.044-934-1555
ホームページ:https://www.tokyu-golf-resort.com/kawasaki/
アクセス
 ■電車 [1]小田急線 向ヶ丘遊園駅よりタクシー10分 
     [2]田園都市線 あざみ野駅よりタクシー20分
 ■車  [1]中央自動車道 稲城ICより8.4Km
     [2]東名自動車道 川崎ICより4Km
スタート OUT・INとも 9:22
募  集 OUT‐4組 IN‐4組 32名
参 加 費 会員:4,000円・非会員:5,000円 
(当日集金します。領収書発行)
プレー費 15,110円(4B 昼食別・セルフ) 
※各自精算をお願い致します。
申込締切 9月20日(金)
申込方法 下記を明記して、FAX若しくはMailをお送りください。
「氏名」「連絡方法(メールアドレス・FAX)」「所属(会社・部署など)」
※FAXでお申し込みをされる方は、頁左上の"リーフレット"を
 プリントして、必要事項をご記入の上お送りください。
申 込 先 一般社団法人 日本建築美術工芸協会
 Fax.03-3457-1598 (Tel.03-3457-7998)
 Mail.simpo@aacajp.com
担  当 交流委員会 青木 崇・白石健次
そ の 他 詳しくは、左記"◎御案内"をご覧ください。

催し物

講演会

第1回aacaサロン
『湾型ライブラリー』を創る“境界なき協働”のありかた

この催しは終了いたしました。 たくさんのご参加、ありがとうございました。

aacaは当協会特有の会員であるアーティストやデザイナーをフューチャーし、対話しやすい規模での発表と交流の場として『aacaサロン』を新たに企画・運営します。
作家による活動の紹介を通した会員同士の交流が、相互の創作活動への刺激となると共に将来のビジネスチャンスに繋がることを期待しています。
今回は第一回として前田豊氏、武石正宣氏、酒匂克之氏をお迎えして、「『湾型ライブラリー』を創る“境界なき協働”のありかた」をテーマに開催いたします。

日  時 9月30日(月)
受付:16時30分~ 
セッション・フリートーク:17時00分~19時00分
会  場 建築会館1階ギャラリー 地図 
〒108-8414 東京都港区芝5-26-20
参 加 費 500円
※当日、会場受付にて申し受けます。
 お釣りの要らないようにご協力ください
定  員 25名
※定員になり次第締め切ります。
申込方法

参加希望の方は 頁左上の"概要・申込書"をプリントして、
必要事項をご記入の上ファックスにてお送りください。
Fax.03-3457-1598

※締切日:9月20日(金)
※個人情報保護法の改正により、ご記入頂いた個人情報は今回の催し
 についてのみ使用いたします。

催し物

aacaフォーラム

第196回aacaフォーラム
日本の伝統工芸を世界はどう見ているのか
―海外設計事務所50社への営業を通して―

この催しは終了いたしました。 たくさんのご参加、ありがとうございました。

 この度の第196回aacaフォーラムでは、産業として衰退の道をたどっている日本の伝統工芸と、新しく上質な素材や独自性のあるデザインモチーフを日々求めている世界のラグジュアリーマーケットの橋渡しに尽力されている、ジャパンデントーコーポレーション代表の堀井素史様にご講演いただきます。美術工芸・アート・デザイン等ものづくりにかかわる皆さまはふるってご参加ください。

講  師 堀井素史氏
 (株)ジャパンデントーコーポレーション代表取締役社長
日  時  7月22日(月)
受 付:17時30分~
講演会:18時00分~19時15分(質疑応答含む)
懇親会:19時20分~20時30分
会  場 サンゲツ品川ショールーム 地図
〒108-0075
東京都港区港南2-16-4 品川グランドセントラルタワー4F
※品川駅港南口より徒歩5分
参 加 費 講演会  aaca会員 1,000円・一般 2,000円・学生無料
交流会  2,000円
定  員 60名
申込方法

参加ご希望の方は、お手数ですが氏名・連絡先をご記入の上ファックス、E-mailにて7月12日(金)までにお申し込みください。 
定員になり次第締め切ります。
・お申込先:(一般社団法人)日本建築美術工芸協会 事務局宛  
 TEL:03-3457-7998 FAX:03-3457-1598  
 E-mail:simpo@aacajp.com
・記載事項:氏名/連絡先(勤務先)/E-Mailアドレス/電話番号/
      懇親会への参加の有無

※ファックスでお申し込みの方は、ページ左上の "概要・申込
 書"をプリントして、必要事項をご記入の上お送りください。

※ご記入いただいた個人情報は今回のフォーラムに関してのみ
 使用いたします。

メッセージ  日本の伝統工芸は、 産業としては衰退の一途をたどっています。おもな原因はライススタイルの変化に対応できなかったこと、 経済の低迷で高価な手仕事にふさわしい対価を支払う市場が減少したことがあげられます。
 法律で指定された伝統工芸品の生産額は1983年には5400億円でしたが、2003年2000億円、2014年には1000億円にまで落ち込んでいます。これを食い止めるためにはマーケットを創出するしかありません。ではそのマーケットはどこにあるのでしょうか。広く海外のマーケットに、とくに建築市場のなかでも5スターホテル、ブランド店舗のインテリアマーケットにターゲットを定めました。
 海外設計事務所のなかで、 特にHospitality分野にアプローチしたところ一応に日本の素材、 デザイン、 感性に驚きをもって受け入れられています。また施主は目本のものづくりの背景にある歴史、 ストーリーに興味を示しています。
 弊社は作り手とマーケットをつなぐマッチング活動をしています。いわゆるグ口一バルニツチマーケットの掘り起こしです。
 過去9年あまりの活動を通じて海外のマーケットの反応をご紹介してゆきます。

(堀井素史)

催し物

講演会

AACA賞 受賞者のつどい<第二回>

この催しは終了いたしました。 たくさんのご参加、ありがとうございました。

第28回AACA賞各賞の受賞者の集いを2回に分けて開催します。
第2回の今回は、AACA賞、特別賞、奨励賞の受賞者をご紹介します。

日  時 7月9日(火)
受付開始:17時30分 
 第一部:受賞者プレゼンテーション
     18時00分~19時10分
 第二部:懇親会
     19時20分~20時10分
会  場 サンゲツ 品川ショールーム 地図
〒108-0075 東京都港区港南2-16-4 
      品川グランドセントラルタワー4F
      Tel.0570-055-134
受 賞 者 【AACA賞】「出島表門橋」       渡邉竜一氏
【特別賞】  「薬師寺 食堂(じきどう)」 野田隆史氏
【奨励賞】  「伊根の舟屋」       京谷友也氏
参 加 費 講演会  aaca会員 1,500円/一般 2,000円/学生 無料
懇親会  aaca会員・一般・学生 2,000円(共通)
定  員 70名(先着順)
申込方法

参加希望の方は 頁左上の"概要・申込書"をプリントして、
必要事項をご記入の上ファックスにてお送りください。
Fax.03-3457-1598

※個人情報保護法の改正により、ご記入頂いた個人情報は今回の催し
 についてのみ使用いたします。