サイトマップ
トップページ > 事業報告 > 3.11以降~東北の文化を考える~座談会(3)田村編

事業報告

情報文化部会

3.11以降~東北の文化を考える~座談会(3)田村編

  平成 24 年情報文化部会では「3.11 以降~東北の文化を考える~」をテーマに、2年にわたって石巻、田村、久之浜を訪問。平成 25 年参加者全員が記した感想を1冊の冊子にまとめました。
 そして震災から3年経ったいま、現地の人々の声を直接伝えたいと考え、三回シリーズで各地区から関係者をお招きし、座談会を開催することとしました。
 今回は、その第三回、「3.田村」の回の様子を、告知リーフレットと内容をまとめた瓦版を通してご覧ください。

告知リーフレット  瓦版

開催概要

期 日 2014年11月28日(金) 開場:17時45分(18時00分~20時00分)
会 場 向ヶ丘ファカルティハウス2F(東京大学農学部弥生キャンパス内) 地図 
内 容  一見何もなかったかのように見える緑豊かな里山、田村市は、原発 20、30、40 キロ圏内のそれぞれの地域を抱えています。避難、仮設住い、除染、風評被害と声には出せない苦しみの中でも、地域の行事や祭りは淡々と行われています。住民の方にとって地域とは何なのでしょうか。
出演者 ・渡辺辰夫(フレンチレストラン・ホットハウス経営)
・逸見克己(日本考古学協会員)
・上遠野伸一(郷土写真家)
・吉野ヨシ子(田村市夢大使)