サイトマップ
トップページ > aaca紹介 > 会長あいさつ

aaca紹介

2013-chairman

新年明けましておめでとうございます。
平成30年は日本建築美術工芸協会が30周年を迎える事になりました。
来年には新たな元号を迎える事となり30周年が一層記念碑的な年になる様に思えます。30周年記念事業として様々な企画が計画されていて、会員の皆様が活発に活躍される年になると思います。
4月から毎月3回も4回も事業が行われ各々従来の定例事業もヴァージョンアップして充実した内容になり、大変楽しみな年になります。
記念誌の発刊も予定されていて、それら記念事業の為に協賛金をお願いしなければなりません。すでに会員の皆様を始め各企業にもお願いしておりますが、是非とも御協力をお願いいたします。会員皆様方の総力の結集が当協会を益々大きくし、社会に貢献できる協会となる事を期待したいと思います。
2020年オリンピックを目指して多くの事業が展開されていきますが、オリンピックは単にスポーツの祭典としての意義のみならず、開会式で行われる様々なパフォーマンスを通じて多様な芸術作品が展開される事になります。多くのアーティストと一体となって活動している当協会が、いずれかのチャンスで2020年に関わっていける様、30周年後の展望も合わせて行きたいと願っております。
共に結集して30周年を成功させ、更に次の目標に向かってaacaが発展していく事を祈ります。
会員諸氏にとって実りのある年がはじまる事を念願致します。

2017年1月

一般社団法人 日本建築美術工芸協会 会長 岡本 賢